人に嫌われたくない!でも…【嫌われたくない努力が報われない理由】

昨日の『手が出る息子と落ち込む母(ネガティヴ思考でも【落ち込まなくなる】方法)』でも書きましたが、児童館での一件の後、私はその親子から、また他のお母さんからも『嫌われたらどうしよう』と考えてしまいました。

 

昔から人から嫌われることが怖いことだと感じていた私。

『人に嫌な思いをさせないように』という気持ちはどこかで『人から嫌われないように』となり、思っていることを正直に言えない時もありました。

 

 メンタリストDaiGoさんの『心理分析してきた』で『ネガティヴ思考でも【落ち込まなくなる】方法』を見た後に、こちらの動画を見つけました。

 

嫌われたくない努力が報われない理由

 

www.youtube.com

 

『無駄ァ』の『ァ』が効いてますね、本当に無駄なんだなって感じがします。笑

 

『嫌われる勇気』という本が流行ったそうですが、私は読んだことがありません。

子どもが生まれてから旦那と喧嘩をした時に、旦那に『とにかく「嫌われる勇気」を読んで!』と言われましたが、『子育てし始めでまだ余裕もない忙しい時に本なんか読んでる暇があるとでも思ってんのか!』と思い、それ以降タイトル聞くだけでもその頃を思い出してしまうようになりました。

 

そんなエピソードはおいておいて、とにかく嫌われない努力をしても無意味だとDaiGoさんは言います。

というのも、人は好きになる時はみんな同じようなところを好きになるのに、嫌いになるところはバラバラなんだそうです。

 

つまり、嫌われた点を次々直していくのは大変だし、更に直したところで好かれるとは限らないということで、コスパの悪い無駄な努力ということがわかりますね。

嫌われないように、と気にしていましたがそれよりも自分の良いところ・好かれるところに目を向けたほうが良いみたいですね。

 

でも、自分の良いところ・好かれるところはどこなんだろう…。

小学生くらいの時は『◯◯ちゃんの良いところは?』と聞いて、良いと思うところをみんなが挙げていくなんて企画もありましたが、大人になるとなかなか素直に

『私の良いところってどこ?』

とは聞きにくいものです。

 

なので、たまに褒められた時は照れながら『そんなことないよ』と言って終わらせず、『なるほど。そこが自分が伸ばすべきところかもしれない』と考えられるようにしたいなと思います。

 

【嫌われたくない努力が報われない理由】のノート

f:id:aeiaua:20190704190340j:image