京都に引っ越してきて"困ったこと"【ゴミ袋とダンボールについて】

横浜から京都へ引っ越してきて2年経ちました。


横浜には29年住んでいて、関西には旅行で数回来たくらい。
自分のルーツもほぼ関東で、関西には親戚も知り合いもいませんでした。

 

京都へ引っ越してきて良かったことも困ったこともありました。
良かったことは、色んな所へおでかけできることや、人に話しかけられる機会が多いこと。
困ったことは移動で便利なバスが混んでいることが多いことゴミ袋が指定だったことやダンボールの回収日が少ないことなど。

 

f:id:aeiaua:20190422130021j:image

 

今回は困ったことから、ゴミ袋ダンボーについてお話します。


長年、横浜に住んでいましたがゴミ袋はスーパーの袋を使っていました。
だから、京都へ引っ越してきてゴミ袋を買わなきゃ行けないと聞いてびっくりしました。


燃やすゴミと資源ごみの2種類があり、料金はこちらです。

f:id:aeiaua:20190422085038p:plain

京都市情報館より

こちらは1枚の値段なので、スーパーやコンビニには、5ℓ¥5010ℓ¥10020ℓ¥20030ℓ¥30045ℓ¥450で売られています。
地味に高いです。


でも、それより困ったのは紙類の回収が月に1度しかないこと。
このご時世、Amazon楽天など宅配サービスが多くすぐにダンボールが溜まってしまいます。
なのに回収は月1しかなく近くの回収所まで運ばなくてはなりません。(うちの場合は近くの公園)


それ以外の回収は平日役所へ持っていくしかないようです。(曜日指定有り)

 

月1回の回収に間に合わず、家の一角がダンボールエリアと化したことも…。

寝過ごしてしまった時のがっかり感がすごいです…。

ある程度たまったダンボールは運ぶのもなかなか大変ですよね。

幼い子供をベビーカーに乗せて片手でダンボールを運ぶ…と言うのはなかなか難しく結局どうしたか…というと

 

小さくして燃えるゴミとして出す

 

という方法を今はとっています。

 

横浜にいた時はリサイクルに出していたわけですから、少し心苦しい所はありますが、調べてみると回収が少ないから燃えるゴミとして出しているという方も少なくないようです。

手間はかかりますが、家の一角にダンボールが溜まりまくるよりかはマシです。

 

こちらのサイトにはこのように書いてありました。

f:id:aeiaua:20190422090008p:plain

https://kyoto.story-travelblog.com/danboru-sutekata

なるほど…だから回収日が極端に少ないんですね。

京都市としても積極的に回収していただきたいです、本当に。

 

他県から京都へ引っ越してこられる方は、指定ごみ袋(これはある所はあるみたいですが)とダンボールの回収にお気をつけくださいませ。